システム事例

バイオマス系廃棄物・各種処理装置

#

バイオマス系廃棄物から有機性廃棄物のみを選別。各種処理装置の開発で、
メタン発酵エネルギーの回収に寄与しています。

※各種特許出願中

地球温暖化防止の観点から、主に焼却処理されてきたバイオマス系廃棄物中の有機性廃棄物のみを取り出し、メタン発酵によるエネルギー回収の取り組みが各方面でなされています。
しかし、種々のゴミ質が混在するバイオマス系廃棄物から有機性廃棄物のみを選別することは困難で、その結果、前処理である選別システムが複雑化し、普及への大きな障害となっています。
また、収集形態を変更し、有機性廃棄物のみを分別収集する方法も考えられますが、収集コスト増加等の問題により難しい側面があります。
弊社ではこのような問題を解決し、メタン発酵によるエネルギー回収を普及させるべく、バイオマス系廃棄物選別装置の簡略化を追求し、各種処理装置の開発を進めてまいりました。

  • 解砕機(異物排出機構付)

    一般可燃ごみを解砕及び異物除去装置

    解砕機(異物排出機構付)

    一般可燃ごみを袋ごと解砕し、中に含まれる粗大物(布団・衣類・金属・木屑・その他)の除去を行います。

  • ロータリーハンマー

    処理対象物を瞬時に砕く衝撃破砕機

    ロータリーハンマー

    ・発酵好適物の細破砕を行います。
    ・生ごみ類は粉砕され不適物からの分離効率を促進します。

  • ティアセパレーター(破袋選別機)

    袋詰めされた可燃ごみからバイオマス資源を回収選別

    ティアセパレーター(破袋選別機)

    ・可燃ごみはプラ・紙類は破袋され、生ごみ類は粉砕され分離されます。
    ・破袋困難物は搬送され、不適物排出口から排出されます。
    ・生ごみ類は粉砕され、または嵩比重が重いため、遠心力によってスクリーンを通過し、好適物排出口から排出されます。

  • スピンドライヤー

    好適物から異物(プラ類・金属等)を除去分別

    スピンドライヤー

    ・好適物内に混入したプラ類は嵩比重が軽いため、発生する風力によって不適物排出口から排出されます。
    ・異物(固形物)はスクリーンを通過せずに不適物排出口から排出されます。
    ・生ごみ類は粉砕され、また嵩比重が重いため、遠心力またはパドルによって叩かれスラリー状になり、スクリーン外へ排出されます。
    ・スクリーンに付着した好適物は、スクリーン外面を横行するスクレーパーによって掻き落され、目詰まりを軽減します。

PDFもご覧ください。

バイオマス系廃棄物・各種処理装置 PDF

パンフレットPDF